メニュー 閉じる
この作品を視聴するには寄付(視聴権の購入)が必要です。
※配信期間:8/16~9/15まで(終了しました)
※配信期間:8/16~9/15まで(終了しました)

あなたは天皇の戦争責任についてどう思いますか?

What Do You Think About the War Responsibility of Emperor Hirohito?
制作年:1997年 / 上映時間:53min

あらすじ

96年8月15日、靖国神社に集まった人達にインタビューを敢行。
質問は、「あなたは天皇の戦争責任についてどう思いますか?」。
答えてくれた全ての人の言葉を全てそのまま収録し、様々なメディア映像とミックスさせた実験的作品。

備考

山形国際ドキュメンタリー映画祭97、台湾国際ドキュメンタリー映画祭などに出品

土屋 豊(監督)
1966 年生まれ。

1999 年、異色の長編ドキュメンタリー映画『新しい神様』が山形国際ドキュメンタリー映画祭で国際批評家連盟賞特別賞を受賞。劇場公開でもロングラン。

2003 年、初の長編フィクション映画『PEEP "TV" SHOW』がロッテルダム国際映画祭で国際批評家連盟賞、モントリオール国際ニューシネマフェスティバルで最優秀長編映画賞を受賞、海外でも劇場公開され、国際的な注目を集める。

2012 年、『タリウム少女の毒殺日記』が東京国際映画祭「日本映画・ある視点」作品賞を受賞。

また、2007年には『遭難フリーター』(監督:岩淵弘樹)、2013年には『わたしたちに許された特別な時間の終わり』(監督:太田信吾)のプロデュースも手がけた。

Born in 1966, Tsuchiya began producing video art from around 1990. At the same time, he became involved in media activism which experimented with social change utilizing independent media. In 1999, his unique feature length film, The New God, was awarded the FIPRESCI Special Mention prize at the Yamagata International Documentary Film Festival. This film also achieved long running status in the theatres. In 2003 his first feature film length fiction PEEP “TV” SHOW took the FIPRESCI Prize at the Rotterdam International Film Festival and the New Discovery Award, Feature Film Mention at the Montreal Festival of New Cinema, screening in theatres overseas and attracting international attention. In 2012 his second feature film length fiction GFP BUNNY took the Best Picture Award at the Tokyo International Film Festival.