メニュー 閉じる
この作品を視聴するには寄付(視聴権の購入)が必要です。
※配信期間:8/16~9/15まで(終了しました)
※配信期間:8/16~9/15まで(終了しました)

水の花

制作年:2005年 / 上映時間:92min

あらすじ

母親の詩織が家を出て以来、父と二人で暮らしてきた中学生の美奈子。
母は、別の男との間に生んだ小学1年生の優を育てていた。妹に対する暗い感情、そして母への憎悪。
ある夜、誰もいないゲームセンターに佇む優を、美奈子は誘拐する。

キャスト

寺島咲 / 小野ひまわり / 田中哲司 / 黒沢あすか / 津田寛治

スタッフ

監督・脚本:木下雄介
製作:矢内 廣 近藤邦勝 黒坂 修 高野 力 中嶋孝夫
プロデューサー:天野真弓
撮影:丸池 納
照明:吉角荘介
録音:松本昇和
美術:尾関龍夫
編集:晋嶋信一
助監督:大石 誠
製作 PFFパートナーズ=(ぴあ、TBS、TOKYO FM、IMAGICA、NTTレゾナント)提携作品

木下 雄介(監督)
1981年生まれ。東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒業。
自主映画『鳥籠』が2003年ぴあフィルムフェスティバルにて準グランプリと観客賞を受賞。
PFFスカラシップによる長編映画『水の花』が2006年ベルリン国際映画祭正式出品。
短編映画『NOTHING UNUSUAL』を2013年制作。
是枝裕和監修国際共同プロジェクトのオムニバス映画『十年 Ten Years Japan』のうちの短編『いたずら同盟』が今秋、テアトル新宿ほか全国順次公開。