メニュー 閉じる
この作品を視聴するには寄付(視聴権の購入)が必要です。
※配信期間:8/16~9/15まで(終了しました)
※配信期間:8/16~9/15まで(終了しました)

私以外の人

制作年:2015年 / 上映時間:19min

あらすじ

コーヒーにこだわることしか趣味が無い男がある日、ふとしたきっかけで、隣に住む女性と知り合う。そして、彼女が無くした鍵を一緒に探すこととなるのだが…

キャスト

ミネオショウ / 久保陽香 / いしはらだいすけ / 甘能千晴 / 小山分季陽

スタッフ

監督:谷口 雄一郎
撮影:北山誠
照明:小林暁
録音:小牧将人
助監督:伊藤拓也
音楽:永井カイル
衣装・メイク:平林純子
美術:森田博之
プロデューサー:浅沼直也
製作:八王子日本閣

備考

第3回八王子ShortFilm映画祭(準グランプリ受賞)
京都国際映画祭クリエイタズファクトリー審査員特別賞
Kissh-Kissssssh映画祭2016ノミネート
したまちコメディ映画祭したまちコメディ大賞2016ノミネート
きりゅう映画祭2016ノミネート
小田原映画祭2016ノミネート
那須国際短編映画祭ノミネート
映像グランプリ一般審査通過上映
うえだ城下町映画祭自主映画コンペティションノミネート
第16回伊参スタジオ映画祭招待上映
第9回松本商店街映画祭準グランプリ、山崎貴監督賞

谷口 雄一郎(監督)
1980年愛知県春日井市生まれ。
大学在学中に観た映画をきっかけに、映画業界を志す。大学卒業後一年程のサラリーマン生活の後、日本映画学校へ入学。
『地雷を踏んだらサヨウナラ』等の脚本家、丸内敏春氏や、サトウトシキ監督に師事。実習でたずさわったのをきっかけに映画録音の道へ。
在学中からフリーの録音助手として映画製作の現場へ赴く。(参加作品:若松孝二監督作「実録連合赤軍」等)
 卒業後、学生時代から行っていたシナリオ執筆を本格的に再開。その際に執筆した一編『純子はご機嫌ななめ』が伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞の2009短編部門において応募総数216本の中から大賞を受賞。翌年、自ら映像化。
2010年伊参スタジオ映画祭にて初上映し以後全国映画祭に出品、上映。全国の映画祭にて4つの賞を受賞。
2013年二作目「ゆびわのひみつ」が札幌国際短編映画祭最優秀国内作品賞、ハリウッドにて行われたLAEigaFestにてグランプリにあたるGoldenZipangAwardを審査員の満場一致で受賞。その他国内外含め7冠を成し遂げる。
その後もコンスタントに製作を続け、製作する作品全てが各映画祭にノミネート、ないし上映され、合計18の賞を受賞。
現在、脚本家としても、企画作成業務や他監督作品への提供も行っている。