メニュー 閉じる
この作品を視聴するには寄付(視聴権の購入)が必要です。
※配信期間:8/16~9/15まで(終了しました)
※配信期間:8/16~9/15まで(終了しました)

鬼の師匠と最後の弟子

Master and His Last Disciple
制作年:2014年 / 上映時間:64min

ねらい

日本刀は明治維新の廃刀令、そして第2次世界大戦での敗北による武器製造禁止令の2つの大きな危機を乗り越えて、その世界に誇る技術を伝承してきた。しかし日本刀を生み出す刀鍛冶たちに第3の危機が迫っている。それは良き後継者になろうとする若者がいないという現実だ。そんな将来に暗雲漂う日本の刀剣業界において、我々は吉野の山奥で弟子と二人で、刀作りに自分の生涯をかける刀工を追い続けた。これは技術の伝承の危機に直面した伝統産業を通して、どのように後継者を育てていくのかを描く師弟の物語である。人が生きていくための大切な人生観を養う場に密着し、「人間育成」には、何が大切なのか。そのヒントとなる手がかりを物語の中に見出したい。

From the Meji Restoration of 1868 onward, the government banned all use of the Japanese Katana. Following the defeat of Japan in World War 2, the government agreed to ban all manufacturing of the Katana. Even so, the Katana has failed to cease to exist, and still is a great symbol representing Japan. However, the Katana must overcome another obstacle standing in its path, the disappearance of Japanese Swordsmith’s. However, there is a single master with his last disciple deep in the secluded mountains of Japan, training to become part of the next generation of the nearly extinct Swordsmith’s.

This is a story which shows the harsh reality of a master and his disciple struggling to survive, in a very ancient and strict profession that is slowly fading away. The strong bond between them can be seen, as well as the growth of the young disciple through the strict teachings of his master.

あらすじ

国内300人の刀鍛冶でまっとうに生活できるのはたった1割。ほとんどの刀鍛冶が極貧生活を送っている。それ故、世界一の技術を誇る日本刀作りは危機に直面している。都会の喧騒を嫌い、東吉野の山里に工房構える河内國平(Kunihira Kawachi)。その最後の弟子・金田(Kaneda)。河内は15代続いてきた刀鍛冶。鬼の河内、仏の吉原と呼ばれる刀剣界の2大巨匠のひとりだ。高校を卒業後、すぐに弟子入りした金田は作業場横の小部屋に住み込み、修行期間を送る。独立するまでは無報酬のため、親元からの月3万の仕送りで自分の食費を賄う。最低でも5年間はタダ働き。途中で去っていく若者がほとんどというブラックな世界だ。切れ味よりも美術性が重要とされる刀剣業界にあって、河内は芸術家よりも、職人の道を目指すことこそ本道だという。「秘伝が多い鍛冶屋は下手な証拠」と言う河内は持てる技術を全てオープンにしてきた。河内を実の親以上に慕う金田。独り立ちの自覚に目覚めない弟子を案じる師匠。この物語では、刀剣界の厳しい現状と人里離れた工房で繰り広げられる師弟愛を描く。

Out of the 300 sword smiths in Japan, only a handful of them are able to make a decent living. The sword crafting technique of Japan, known to be the best in the world, is facing a crisis. Disliking the city atmosphere, there is a man, Kunihara Kawachi (77), and his disciple, Kaneda(30), who reside at their workplace in the mountainous countryside of Higashiyoshino. The Kawachi family has been crafting Japanese swords for fifteen generations. The disciple, Kaneda, trains hard every day under his master, living in a small room in the workplace. With only a monthly allowance of 30,000 yen, Kanade must support himself and work as a disciple with no salary what so ever. A tough life, that most young people who try, cannot handle and quit. A disciple who trains hard everyday, with a master who teaches him everything he knows; working hard every single day, leaving behind the exciting city to become one worthy enough to become a Japanese swords smith. Yet, behind the sweat and hard work, there exists the strong bond between disciple and master, struggling to survive in the fading profession of sword smith.

スタッフ

企画・監督・プロデュース・編集: 松原 保
制作・著作: パワーアイ

備考

2015年2018年8月6日 10:40:17ヒューマンドキュメンタリー映画祭《阿倍野》の短編ドキュメンタリーコンテストにて、優秀賞を受賞作品(20分)を長編版に再編集。

松原 保(監督)
海外専門の音楽プロモーターを経て、映像業界に入る。1985年東京の映像制作会社に入社し、豊富な海外ロケ経験を積む。NHKを始め、民放等でドキュメンタリー番組を演出及びプロデュース。2011年から海外との国際共同制作を目指す。総務省支援の下、震災で被害を受けた相馬野馬追を題材にヒストリーチャンネルアジアと番組を共同。さらに福島原発事故後の被ばく牛と農家を5年間記録した「被ばく牛と生きる」の長編ドキュメンタリーを完成させ、全国の劇場で公開中。2017年度、平和・協同ジャーナリスト賞、農業ジャーナリスト賞を受賞。