メニュー 閉じる
この作品を視聴するには寄付(視聴権の購入)が必要です。
※配信期間:8/16~9/15まで(終了しました)
※配信期間:8/16~9/15まで(終了しました)

半分ノ世界

制作年:2014年 / 上映時間:16min

あらすじ

「半分ノ世界」にいる女子高生と定時制に通う男の机の落書きを介した心の交流を描く。
純粋な男女の恋愛ではない、精神的な深い繋がりとは・・・。

キャスト

田辺桃子 / 井浦新 / 星ようこ

スタッフ

監督:齊藤工 (SAITOH TAKUMI)
脚本:金沢知樹(劇団K助)
製作総指揮:村本理恵子、別所哲也
エグゼクティブプロデューサー:柳崎芳夫
企画・統括プロデュース:三宅裕士、諏訪慶
プロデューサー:辻村和也、西堀哲郎
撮影監督:古野達也
音楽:濱田貴司
制作進行:眞野雄貴
制作:株式会社パシフィックボイス
制作協力:AXーON
製作:株式会社UULA
(C)UULA

備考

セルビア日本交換映画祭 -Japanese-Serbian Film Exchenge-「アイデンティティ賞」受賞
2015年国際エミー賞デジタル部門「デジタル・プログラム:フィクション」ノミネート

齊藤 工(監督)
1981年生まれ。東京都出身。俳優、FilmMaker。
2001年にモデル活動を経て俳優デビュー。以降、数々の映画、ドラマに出演。
2012年にショートフィルム『サクライロ』で監督デビュー。
2014年に発表した『半分ノ世界』(田辺桃子/井浦新)で国際エミー賞デジタル部門「デジタル・プログラム:フィクション」ノミネート、日本セルビア映画祭ではアイデンティティ賞受賞など高く評価された。
以降、ファッションドキュメンタリー『Embellir』(監督)や大橋トリオのMV三部作(監督)、クレイアニメ『映画の妖精フィルとムー』(企画・ストーリー原案・キャラクター命名・脚本・声優)など、様々なジャンルの映像制作に積極的に携わる。
2018年に公開された初の長編監督作『blank13』が日本人初の第20回上海国際映画祭【アジア新人賞部門】最優秀監督賞受賞するなど、国内外の映画祭で7冠を達成。
待機作はHBOアジア制作「Folklore」で日本作品の代表監督を務めるなど精力的に活動している。