メニュー 閉じる
この作品を視聴するには寄付(視聴権の購入)が必要です。
※配信期間:8/16~9/15まで(終了しました)
※配信期間:8/16~9/15まで(終了しました)

その顔

制作年:2014年 / 上映時間:30min

あらすじ

小説家を目指すヒロは友達の家に居候していたが、些細な事で喧嘩になり追い出されてしまう。ヒロは留守中だった先輩のマンションに暫くやっかいになり、なんとかホームレスにならずにすむが、そこへデリヘル嬢のナホ子が訪ねてくる・・・。

キャスト

佐藤博行 / 岡奈穂子 / 高木公佑 / よこえとも子

スタッフ

監督・脚本・編集:内田伸輝
製作:映像工房NOBU
撮影監督・カラーグレーディング:斎藤文

内田 伸輝(監督)
1972年生まれ。埼玉県出身。
ドキュメンタリー『えてがみ』でPFFアワード2003審査員特別賞、香港国際映画祭スペシャルメンション授与。国内外多数の映画祭で上映される。
初長編劇映画『かざあな』は、第8回TAMA NEW WAVEグランプリ、ベスト女優賞をW受賞、ひろしま映像展2008グランプリ、企画脚本賞、演技賞をトリプル受賞、PFFアワード2008では審査員特別賞、バンクーバー国際映画祭コンペティション部門に正式招待。
2010年『ふゆの獣』は第11回東京フィルメックス最優秀作品賞を受賞、ロッテルダム国際映画祭コンペティション部門、香港国際映画祭、台北映画祭など国内外多数の映画祭で上映され、2011年7月、テアトル新宿他にて全国劇場公開される。
2012年長編映画『おだやかな日常』(監督、脚本、編集)長編劇映画4作目となる『さまよう獣』が2013年連続で全国劇場公開され、『おだやかな日常』は釜山国際映画祭にてワールドプレミア上映後、東京フィルメックス、ロッテルダム国際映画祭、テッサロニキ国際映画祭他、国内外多数の映画祭で上映、2013年10月に台北(台湾)にて劇場公開される。2014年6月、カナリア諸島地球環境映画祭2014にて最優秀作品賞。
『おだやなか日常』『さまよう獣』のDVDは、TSUTAYAなどでレンタル中。
長編映画最新作『ぼくらの亡命』は、第17回東京フィルメックス、コンペティション部門、第7回サハリン国際映画祭 コンペティション部門、第19回ハンブルグ日本映画際、第17回ダラス・アジアン映画祭にて上映。2017年7月、ユーロスペース他にて全国劇場公開。
その他、2018年には『躾』や『croquis』などの短編映画を監督。