メニュー 閉じる
この作品を視聴するには寄付(視聴権の購入)が必要です。
※配信期間:8/16~9/15まで(終了しました)
※配信期間:8/16~9/15まで(終了しました)

花と女

制作年:1995年 / 上映時間:5min

あらすじ

少女に愛され育てられた赤い花。しかし花を待ち受けていた切ない運命は…? 輪廻についての寓話的短編。

キャスト

カリン・ボトムレー、エマニュエル・セッチ

スタッフ

脚本・監督・編集:想田和弘
製作:エイドリアン・ゴイコリア
撮影:リズ・ストランドット
美術:グレッグ・ヴィーナ
音楽:長田原

備考

カナダ国際映画祭特別賞

想田 和弘(監督)
1970年栃木県足利市生まれ。東京大学文学部卒。スクール・オブ・ビジュアル・アーツ卒。93年からニューヨーク在住。映画作家。台本やナレーション、BGM等を排した、自ら「観察映画」と呼ぶドキュメンタリーの方法を提唱・実践。
監督作品に『選挙』(07)、『精神』(08)、『Peace』(10)、『演劇1』(12)、『演劇2』(12)、『選挙2』(13)、『牡蠣工場』(15)、『港町』(18)、『ザ・ビッグハウス』などがあり、国際映画祭などでの受賞多数。著書に「精神病とモザイク」(中央法規出版)、「なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか」(講談社現代新書)、「演劇VS映画」(岩波書店)、「日本人は民主主義を捨てたがっているのか?」(岩波ブックレット)、「熱狂なきファシズム」(河出書房新社)、「カメラを持て、町へ出よう」(集英社インターナショナル)、「観察する男」(ミシマ社)、「THE BIG HOUSE アメリカを撮る」(岩波書店)など。