メニュー 閉じる
この作品を視聴するには寄付(視聴権の購入)が必要です。
※配信期間:8/16~9/15まで(終了しました)
※配信期間:8/16~9/15まで(終了しました)

夢の続き

DREAM OF THE DAY
制作年:1994年 / 上映時間:48min

あらすじ

良く晴れた冬の日曜日、隆裕が目覚めると、一年前に交通事故で死んだ妻・セツがキッチンにいる。茫然としている隆裕に向かって、「今日は一緒に買物に行く約束よ」とセツは言う。隆裕は理解する。「僕はまだ眠っていて、セツが交通事故に遭った日の夢を見ているのだ」と。
街に買物に出る、隆裕とセツ。夢は、一年前の出来事を忠実に再現していく。同じブティックに寄り、同じ画材店で買物をし、同じカフェで食事をする。決して妻の手を離すまいと誓いながらも、時間は至福と焦りの中に押し流されていく。カフェで、セツが日々の寂しさを語った時も、街中で、偶然セツを轢いた車を見つけた時も、夢の中の隆裕は無力なままである。
夕方の公園。二人は知り合いの画家に会う。一年前と同じように挨拶をして、一年前と同じように画家は二人の写真を撮る。それは、セツの生前最後の写真となったものである。隆裕は、例え夢の中でも、運命を変えることは不可能だと悟る。「だとしたら、この夢の意味することは何なのだろうか? この苛酷な状況の中で、自分に何ができるだろうか?」。
隆裕は、せめて自分の想いをセツに伝えようとする。彼女と暮らした日々がどれほど幸福で、その生活を続けることをどれほど切望していたかを…
そして、夢は容赦なく二人を運命の場所・運命の時間へと運んで行く…

A clear beautiful Sunday in winter. When Taka wakes up, in kitchen he finds his wife Setsu who died by traffic accident a year ago. Setsu says to confused Taka, “We’re supposed to go shopping today”. Taka understands. “I must be still sleeping and dreaming of that very day she died”
They go out as they promised, and the dream reproduces the incident in the exact way it happened. They browse in the same boutique, buy a brush in the same artist’s shop, and eat in the same cafe. Although Taka swears he would never let her hand go, time swift him away in happiness and irritation. Even when she confesses how lonely she was in their marriage life, even when he finds the crucial car which hit her later, in the dream he remains helpless.
In the sunset park, they meet a painter of their acquaintance. They greet just as they did a year ago, the painter takes a picture of them just like a year ago. The picture turned out to be Setsu’s last one. Taka comes to know that it’s impossible to change the fate. “Then, what does the meaning of dreaming all this? What can I do in this cruel situation?”
Taka tries to tell Setsu how he really was feeling back then, how happy he was in those days he lived with her, and how he yearned to carry on their life as it were …
And the dream, without mercy, carries them to the fatal spot, to the fatal moment…

キャスト

杉本圭司 (Keiji Sugimoto)
阿部由美子 (Yumiko Abe)

村瀬俊也 (Toshiya Murase)

スタッフ

監督・編集:樋本 淳(Jun Himoto)
脚本:栗原 彩(Aya Kurihara)
撮影:野崎明広(Akihiro Nozaki)

音楽:長崎雅司(Masashi Nagasaki)

備考

1997.2 東京にて上映(中野武蔵野ホール)
1999.8 コロラド州・クレステッドビュート国際映画祭にて上映

樋本 淳(監督)
 映画監督 映像クリエイター TVディレクター
 1964年 埼玉県生まれ
 1994年の中編『夢の続き』が、都内にてレイトショー公開。
 2000年に中編『火曜日のピーターラビット』を発表。
 2010年に長編ドキュメンタリー映画『クラシコ』が全国で公開。サッカー・ドキュメンタリー映画として異例のヒット作となる。
 2014年に、初の長編劇映画『サンセットドライブ』を発表。2015年に劇場公開。